個別指導塾に通い始めて

娘は日能研に通っていましたが、日能研では模試の結果によってクラス分けや席順決めが行われるので、毎回の模試がとても重要な意味合いをこめていました。4年生から通塾していましたが、学年が上がるにつれ、人数も増え、模試の回数も増えてきました。

小5までは娘は日能研のみにお世話になっていましたが、6年生になったのを機に個別指導塾も併用するようにしました。

勉強の仕方は今まで通りで、授業後はその日の内に復習、一度解いた問題は正解するまで繰り返し解く。

ただ、ここで問題が出てきました。

6年生になったとたんに、生徒数が増えてしまいました。その結果、先生が一人の生徒に割いていただける時間も必然的に少なくなってしまったのです。

今まで、分からない所があれば、とことん先生に聞くという娘でしたが、それが厳しくなり、個別指導塾にお願いすることにしました。