苦手な国語を克服!

中学受験に向けて、勉強の方法がわからないために偏差値を上げる事が出来なかった国語ですが、塾に通わせた事をきっかけに成績が伸びるようになったという思い出があります。

他の教科は試験で得点が高いのに、国語だけは大きく得点を下げてしまうという事が続いたために、問題集などを他の教科よりも多めに解かせるようにしました。

しかし、文章の形式が変わってしまうと、それだけで選択肢を間違えてしまったり、求められている解答をする事が出来なくなってしまったのです。特に、選択問題では問題文を正確に理解していないために、全く関係の無い選択肢を選んでしまうという事が増えてしまいました。

中学受験のための塾に相談したところ、文章に対する慣れを作るために、簡単な文章を毎日読ませて、その文章を要約させるというのを取り入れました。

最初は小学生の低学年様の教科書の内容の要約から始めました。そこから最終的には入試問題の要約まで地道に続けていきました。

小さい子どもが読むような本や非常に簡単な内容で書かれている活字を空いた時間に読ませる事により、中学受験の模試での偏差値が大きく上がって親子共々安心しました。

更に、毎日自分の言葉で作文をさせる事により、記述問題での日本語の力が付き、正しい答えを文章の中から書き出す事が出来るようになったのです。